トップページ
春日井燃料の想い
事業紹介
採用情報
研修制度
tel.0568-51-0179   会社概要   > お問い合わせ
トップページ>沿革
大正時代、創業者である桑原房市一家は、郷土島根県簸川郡湖陵町を出て、愛媛県の鉱山に移り住み、鉱山が閉山後、現在の春日井市出川町にあった芝炭鉱へ移り、春日井燃料株式会社の前身となる春日井燃料店を始めました。

のちに春日井燃料株式会社の初代社長であり、房市の息子である房夫が商売を引き継いだ頃には、現在の小牧市大草炭鉱でも亜炭を堀り、商売を名古屋まで広げていました。

創業者房市の誠実さが築いた信用を礎とし、春日井燃料株式会社は、亜炭からプロパン、ガソリンへと、時代や生活の変化に合わせて扱うエネルギーを変化させ、地域の皆様の安心で快適な暮らしのお手伝いをして参りました。

そして今、新エネルギー事業である太陽光発電を開始し、未来に向けてその想いは続いています。
昭和30年頃 春日井燃料第一号店
昭和36年 本社社屋オープン
大正10年創業者桑原房市が亜炭販売開始(松本町にて)
昭和9年ガソリン、日用品販売開始(出川町にて)
22年亜炭鉱業開始(小牧市篠岡町にて)
30年高蔵寺駅近くの倉庫を借り受け、ガソリン油脂類、塗料販売開始(高蔵寺町4丁目にて)
プロパンガス販売開始(高蔵寺町4丁目にて)
34年春日井燃料株式会社設立(昭和34年8月26日)
プロパンガス鳥居松支店開店(鳥居松7丁目)
プロパンガス坂下支店開店(坂下町3丁目)
36年春日井市初の本格的ガソリンスタンドとして、本社ガソリンスタンド落成開店(高蔵寺町4丁目)
41年プロパンガス充填工場建設(金ヶ口町)
43年日本石油中給油所開店(鳥居松町2丁目)
46年モービル石油篠木給油所開店(篠木町6丁目)
48年市内の都市ガス移行に対応する為、東邦ガスサービスショップ出川店開店
東邦ガス販売店の看板を預かる(金ヶ口町)
53年東邦ガスサービスショップニュータウン店開店(岩成台)
55年東邦ガスサービスショップ関連業務を分離子会社化し、株式会社春日井ガス機器設立
56年春日井市で唯一の日本石油株式会社特約店となる
58年現本社新社屋落成
59年日本石油中央給油所開店(六軒屋町)
62年日本石油中切給油所開店(中切町)
平成元年春日井燃料株式会社設立30周年記念式典
3年日本石油サンライズ出川給油所開店(松本町)
8年日本石油熊野給油所開店(熊野町)
9年日本石油サンライズ泉橋給油所開店(坂下町)
11年春日井市の姉妹都市カナダケローナ市と、初代社長房夫から交友関係にある、ウォルター・グレイ前ケローナ市長との友好関係から、ワイン等輸入部門ヴィンヤードを設立。国税局より酒類輸入取扱免許を取得し、カナダよりワインの輸入を始める。
17年新日本石油セルフホットハート155開店(出川町)
19年オーストラリアよりワインの輸入開始
春日井燃料株式会社設立50周年記念式典
20年DDセルフサンライズ泉橋SS開店
21年DDセルフ春日井中切SS開店
25年金ヶ口発電所:192Kw(愛知県)稼働開始
27年DDセルフ春日井中央SS開店
伊賀発電所:1.4Mw(三重県)稼働開始
28年いなべ発電所:1.5Mw(三重県)稼働開始
関発電所:1.0Mw(岐阜県)稼働開始